トモ コイズミやピーター ドゥら選出、第7回「LVMHプライズ」セミファイナリスト20組が発表

投稿者: | 2020年2月14日

「トモ コイズミ」2020年春夏コレクションのショー

「トモ コイズミ」2020年春夏コレクションのショー

Image by: FASHIONSNAP.COM(Photo by:Ippei Saito)

 若手ファッションクリエイターの育成・支援を目的としたファッションコンテスト「LVMH Young Fashion Designers Prize(以下、LVMHプライズ)」のショートリストが発表され、日本人デザイナー小泉智貴が手掛ける「トモ コイズミ(TOMO KOIZUMI)」など20組がセミファイナリストとして選出された。

— ADの後に記事が続きます —

 LVMHプライズは2013年に設立され、今年で7回目を迎える。世界のファッション関係者68人から構成されるインターナショナルエキスパートによりファイナリスト10人が決定後、LVMHグループ傘下の主要なファッションハウスのディレクターなどによる審査を経てグランプリを選出。プライズでは、優勝賞金30万ユーロが与えられるグランプリと、特別賞で昨年名称が変更となった「カール・ラガーフェルド プライズ」、卒業直後のデザイナーに送られる新人賞が用意されている。

 今年は2019年秋冬コレクションでニューヨークファッションウィークデビューを果たし、前シーズンはニューヨークと東京のファッションウィークでショーを行ったトモ コイズミがショートリスト入り。そのほか、フィービー・ファイロ(Phoebe Philo)指揮下の「セリーヌ(CELINE)」で経験を積んだ「ピーター ドゥ(PETER DO)」、シャラフ・タジェル(Charaf Tajer)の「カサブランカ(CASABLANCA)」、女性デザイナー プリヤ・アルワリア(Priya Ahluwalia)によるメンズブランド「アルワリア(Ahluwalia)」、デザイナートリオが手掛けるニューヨークが拠点の「コミッション(Commission)」などが名を連ねている。

 20組はパリファッションウィーク期間中の2月27日と28日に、LVMHの本社で行われる審査会に参加。その後ファイナリストが10人に絞られたのち、グランプリは6月5日に発表される。なお、昨年は南アフリカ・ヨハネスブルグを拠点にするウィメンズブランド「テベ・マググ(THEBE MAGUGU)」がグランプリを獲得した。

■ショートリスト一覧
・「Ahluwalia」Priya Ahluwalia
・「Alled-Martinez」Archie M. Alled-Martinez

・「Area」Beckett Fogg &Piotrek Panszczyk
・「CASABLANCAⒸ」Charaf Tajer
・「Chopova Lowena」Emma Chopova & Laura Lowena

・ 「Commission」Jin Kay & Dylan Cao & Huy Luong
・ 「Ester Manas」Ester Manas & Balthazar Delepierre
・「Helmstedt」Emilie Helmstedt
・ 「Kaushik Velendra」Kaushik Velendra
・ 「Nicholas Daley」Nicholas Daley
・ 「Nous Etudions」Romina Cardillo
・ 「PETER DO」Peter Do
・ 「Piero D’Angelo」Piero D’Angelo
・ 「Rave Review」Josephine Bergqvist & Livia Schück
・ 「Samuel Guì Yang」Samuel Yang & Erik Litzén
・ 「Sindiso Khumalo」Sindiso Khumalo
・ 「Supriya Lele」「Supriya Lele」
・ 「TOMO KOIZUMI」Tomo Koizumi
・ 「Vaqar」Shirin & Shiva Vaqar
・ 「Yuhan Wang」Yuhan Wang

Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です